読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロのサラリーマンが迷えるサラリーマンにお教えします。

併せて転職16回。プロの我々が迷えるサラリーマンを救います。

仕事を抱え込むな!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

わたしの以前の職場にも居ましたが、仕事を抱え込む人っていますよね。

多分、

 

この仕事は自分にしか出来ない

とか

他の人に渡すと自分の仕事がなくなる

とか思ってるんだと思うんですけど、

 

は?そんなことしてると仕事なくすよ?

 

と思うわけです。

前述しましたけど、

 

自分にしか出来ない仕事などない!

わけです。他に人がやったらもっと上手くやれることだってある。

 

他の人でも出来ることはドンドン他の人に振って、自分がやるのが効率良く的確に出来ると思うところをドンドン捌く。

自分の範囲を捌いたら、また人に振る。

 

自分はいつでもゆとりを持って、頼まれ仕事はWelcome!

 

という姿勢でいるのがステキですね。

かく言う自分も、そこまで上手くは捌けませんが。

 

兎にも角にも、仕事を抱え込んでる人間は、会社にとって

 

有用ではない人間

 

今すぐ、捌いて振って、身軽になりましょう。

 

#転職

#サラリーマン

#OL

#仕事

#会社辞めたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言いたい事を言う?違う!言わねばならない事を言え!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

上司や会社に対して

言いたい事は言った方が良い

 

と仰る方がいらっしゃいますが、わたしはそうは思わない。

 

言いたい事を言うってのは子供と同じで単なるワガママでしょ。

みんながみんな、言いたい事を言ってたら、収集なんて付かなくなる。

中には、それでも言いたくても言えない性格の人もいる。そうなってくると完全に

 

言ったもん勝ち

 

になってしまう。

そうじゃない。会社に従属するということは、会社の利益のために働くということ。だから、会社のために

 

言わなければならない事を言え!

 

ということ。

例えそれが苦痛を伴うものであったとしても、それが会社にとって有益であるならば、

 

言わなけれならない

 

それも我々サラリーマンの仕事。

椅子に踏ん反り返ってる上司が気が付かないこと、経営に忙しくて細部に目が届かない社長に対して、

 

言わなければ、会社が損する、毀損する、時は言わなければならない

 

当然、言わなけれならない事を言う時は、論拠があるはず。

 

リンゴを食べたい

リンゴを食べなければならない

 

食べなければならないのなら何か理由があるのだろう。食べたいだけなら食べなくても良い。

 

#転職

#サラリーマン

#OL

#会社 辞めたい

 

 

 

 

 

 

 

 

社員の善意に甘える会社に良いこと無し!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

サラリーマンの我々にとって、会社との雇用関係は

 

ギブ アンド テイク

 

です。

会社は我々に報酬を支払い、我々は会社に報酬以上の成果を提供する。

この関係は普遍です。

 

しかし、世の中には

 

社員の善意に甘える会社が少なからずある!

 

例えば、

・ 社員が何も言わないことを良いことに、残業代を支払わない

・社員が何も言わないことを良いことに、深夜まで働かせる

・社員が何も言わないことを良いことに、消耗品を支給しなかったり、備品を社員の個人負担にさせる

 

我々サラリーマンは決して弱い存在ではないのだが、会社に対して言えない人、会社に良かれと思って見返りなくやってあげる人がいる。

それ自体が悪いことだとは思わないが、こういったことは

 

社員から会社への善意

 

で行われている。

其の意を汲み取り、社員に報いてくれる会社は良い。他の形でも社員の善意に対して会社も善意をもって対応してくれれば良いのだが、

 

社員の善意に甘える経営者、上司は少なからずいる!

 

我々は慈善事業をやっているのではない。善意に報いてくれないのであれば、善意を施すのを止めるか、受け止めてくれる会社に移るのも一考。

 

そんなところに居ても、未来永劫良いことはない。

 

あなたの会社はあなたの善意に気がついているか?その善意に報いてくれているか?

 

#転職

#サラリーマン

#OL

#仕事

#上司

 

 

 

 

 

 

会社の看板ではなく自分の看板で仕事をしろ!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

わたしはネームバリューのある会社に勤めたこともあるけど、そういう会社で感じてたのは

 

会社の看板無しで、仕事とれるか?

 

ブランドは大事で、信用力や製品力など社会やお客様に信頼を与えてくれる。

その信頼を得るために働いてきた方々には心から敬意を表する。

 

でも、そのブランドを作ったのは自分じゃない。

自分をブランド化し、看板を掲げられれなければ、この社会で生き残り、成り上がってはいけない。

 

いつも言うように、会社は明日なくなるかもしれない。明日、絶対的な信頼の後ろ盾のブランドがなくなるかもかもしれない。

 

会社の看板、信用力が自分に対する信用力だと勘違いしてないか?

 

会社が良い製品や品質、サービスを提供するのは当たり前。それが会社の役割だから。

でも、そういった後ろ盾がなくても、自分に仕事の話をしてくれる人が、周りに何人いる?

 

そう考えた時、我々は自分をブランド化すべく、仕事を覚え、武器を身に付け、自分を売込み、戦って行く姿勢に変わる。

自分に対する評価が自分の属する会社に対する信頼へと繋がっていく。

 

#転職

#サラリーマン

#OL

#会社

#仕事

 

 

 

 

 

ダメだと思ったら逃げろ!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

ネットで転職の掲示板やお悩みのサイトを見ると、コメントで

 

・転職するなら、3年は同じところで働かないと次は見つからない

とか

・今の状況など何処にでもあるんだから、今の所で頑張らなきゃ何処行っても続かないよ

というようなコメントを見ます。

 

は?知りもしない奴が何言ってんの?

いいんだよ!そんなところ、辞めちまえよ!

 

ということです。

だいたいね、そんな所で働き続けて鬱になったらどうするの?成り上がるどころか、生活も出来なくなって、社会復帰さえ大変になる。

 

ダメだと思ったら、逃げればいいんだよ!

 

大人の人間はね、

ここは逃げたらいけない!と思った時は逃げないもの。逃げたい、逃げられる!と思ったなら逃げて良し!

 

つか、会社を辞めることは逃げでもなんでもないけどね。捉え方の問題だし、それで前向きに生きていけるなら、それが一番。

 

わたしは6ヶ月で転職してる会社もあるし、入社した初日に、再度、転職活動を初めた会社もあります。

ここでは自分の将来のため、成り上がっていくためにプラスにならない!と思ったら、辞めれば良い。

 

ただし、一つだけ。

辞める時は次を決めてから!

これ、鉄板。

 

#転職

#辞めたい

#サラリーマン

#OL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

努力は必ず報われるのか?

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

努力は必ず報われるのか?

わたしの結論は

 

Yes!

 

です。

でも、報われてないという人もいるでしょう。それはなぜか。2つ理由があって、

 

1. 努力が足りない

2. そもそもの目標が高すぎる

 

努力目標は、

頑張って手を伸ばしてギリッギリのところ

 

が最適です。

例えば、今のわたしが、弁護士になりたい!

と思っていくら努力して勉強しても、弁護士には成れないでしょう。

そんなに頭良くないですし、時間もそんなにありません。自分で「努力したのに」と毎日5時間くらい勉強したって全然足りません。もっと勉強してる人は山ほどいます。

これは目標設定が誤っているということです。

 

ですが、簿記の1級を取る!ならどうでしょう。毎日5時間勉強すれば取れるかもしれません。それをサボって、勉強時間が不足したら、やはり合格は出来ません。

これは、努力が足りなかったということです。

 

もし、自分が設定した目標は高すぎると思っても、できる可能性が少しでもありそうなら、やってみる価値はあります。

 

例えその努力が実を結ばなかったとしても、何かを成し遂げた人はすべからく、努力をしています。

何かを成し遂げるには、努力も必要です。

 

#転職

#サラリーマン

#OL

#努力

 

 

 

 

 

 

 

 

流した汗は決して嘘をつかない!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

流した汗は決して嘘をつかない!

 

ストレートにそのままの意味です。

サラリーマンとして成り上がっていくためにはスキルや技術を身につけて行かなくてはなりません。

 

新しい部署に異動になったり、プロジェクトに組み込まれたりするかもしれない。

 

生きていくということは、常に自分が進化していくということ。そのためには額に汗して働き、考え、習得していく。

 

その流した汗は、必ず自分自身の糧になる。そうやって習得して来た技術や知識、経験は誰にも奪われることなく、我々の資産になり資本になる。

 

自分の資本と化した技術や経験は、資本主義経済の中でその技術や経験という資本を出資することで、給与に反映されたり、地位に反映されたり、我々自身に返ってくる。

 

やってもいない、ただ聞いただけの知識や経験だけではただの薄っぺらい見識に過ぎない。それを自分でやってみて自分の技術、経験に昇華して初めて、自分の資産・資本になる。

 

技術や経験を得る時には苦痛を伴うこともある。でも、そこで汗水垂らして自分のものにすれば、その流した汗は自分の資本になるということです。

 

#転職

#サラリーマン

#OL

#仕事