読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロのサラリーマンが迷えるサラリーマンにお教えします。

併せて転職16回。プロの我々が迷えるサラリーマンを救います。

流した汗は決して嘘をつかない!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 流した汗は決して嘘をつかない! ストレートにそのままの意味です。 サラリーマンとして成り上がっていくためにはスキルや技術を身につけて行かなくてはなりません。 新しい部署に異動になったり、プロジェクトに…

作業ではなく、仕事をしろ!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 自分自身に良く言い聞かせているのですが、 作業ではなく、仕事をする! ことを心掛けています。 わたしの中では「作業」と「仕事」には明確な区分があって、 作業: 誰がやっても同じプロセスと結果になる業務 仕…

自分にしか出来ない仕事など無いと知れ!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 会社で、 この仕事は私にしか出来ない とか言う人がいます。 断じてそんなことはありませんから! 確かに、現時点においては、自分が一番良く知っていたり、上手く仕事をこなせるのかもしれません。 でも、現時点…

論理的思考は人を前向きにする

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 ビジネスに論理的思考を取り入れるようになって久しいですが、論理的思考をするようになるとビジネスがスムーズになるのはもちろんですが、 人を前向きにする 作用もあります。 論理的に考えて行くと、到達したい…

思考を止めるな!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 仕事をしていると、色々な壁にぶち当たります。そんな時、たまに 考えることを止める人 がいます。 例えば、お客様とトラブルが発生した時に、自分で解決策、改善策を考えずに、上司に丸投げ。 背景や法律を確認…

職人(プロ)になれ!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 サラリーマンとして成り上がっていくための方法の一つが、 職人(プロ)になれ! です。 すでに前述してますが、我々は 自分を高く売らなければならない。 それは、プロだから高く売れるのです。 では、何のプロに…

リスクを取れ!

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 かつて、高度経済成長期の日本を支えたサラリーマンは、終身雇用、年功序列、手厚い退職金や年金など、リスクを取らずとも終着駅まで行けることが多かった。 しかし、現代の成熟した資本主義社会においては、 ・…

流れに乗れ

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 サラリーマンをやっていても、自分の周りに色々な流れが発生します。 例えば、 1. 取引先の倒産で、自分の会社にも余波が来る 2. 信頼していた上司が転職 3. 部署替え 4.子供が塾に通いたいと言いだした 気に留め…

出来ない理由を探しても仕方ない

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 サラリーマンとして物事に対処する時に 出来ない理由を考えても仕方ない のです。 例えば、 〇〇の件ですが、予算がないので無理です △△の件ですが、佐藤さんが出来ないと言っています □□の件ですが、時間が足り…

自分を高く売るためにすべきこと-2

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 自分を高く売るために、もう一つすべきこと。 武器を身につける これは前回の スキルを身につけて尚且つ の話です。 例えとして適切ではないのですが、わたしは自分を傭兵に例えたりします。 スキルの向上とは、…

自分を高く売るためにすべきこと-1

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 わたしにいくら出してくれますか? と言うためには、 自分自身を高値の商品 にし続けなければなりません。 どうするれば、高く売れるか。 わたしは、 ・スキルを上げる・武器を身につける ことで自分の商品価値を…

わたしにいくら出してくれますか?というスタンス

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 我々サラリーマンの給料は、ほとんどの会社で入社時に決まります。 日本人は国民性か、給料の交渉をあまり好みません。 昔のように終身雇用で、会社が我々を守ってくれる時代ならそれも良いでしょう。 ですが、何…

起業に興味なし7割 今日の日経から

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 今日の日経記事に 日本のサラリーマンは起業に興味なしが7割 とありました。因みに諸外国は2、3割 なぜ、日本のサラリーマンは起業に興味がないのか 色々理由はあるとは思いますが、例えば ・日本の戦後の高度経…

なぜ、そこで働いているのか?-1

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 唐突ですが、 なぜ貴方は、そこで働いているのでづか? 居心地がいいから? 給料が高いから? 家から近いから? とりあえず、就職しちゃったから? 個人によって理由は千差万別でしょうが、 本当にそれでいいんで…

個人経営サラリーマン-まとめ

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 ダラダラと話をしてきましたが、要は 我々サラリーマンも自分は個人経営者だという自覚を持て! ということです。 我々は自分を守り、家族を守らねばなりません。会社は決して守ってはくれません。 自分を守るた…

個人経営サラリーマンとは-1

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 我々サラリーマンも個人経営者と同じ感覚で職務を遂行すべきという話をしましたが、そうはいっても、毎月の報酬を自分で稼ぐ本来の個人経営者の方々と我々ではリスクは異なります。 個人経営者は今日の仕事の出来…

我々サラリーマンも個人経営者-2

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 常々お話しているように、大会社であろうと中小企業であろうと、リストラは起こるし倒産もある。 昔のように国や業界が守ってくれる時代ではないんです。 今は資本主義経済の元、日夜、食うか食われるかの戦いが…

我々サラリーマンも個人経営者-1

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 我々サラリーマンは会社に従属し、会社から給料をもらっています。 会社が定めたルールに則って、職務を遂行し、その対価として給料を得ているわけです。会社から給料をもらっている人を、我々は 会社員やサラリ…

我々万人が等しく持っているもの

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 我々万人が等しく持っているものがあります。 1日24時間 を我々は与えられています。 これは、老若男女、金持ち、貧乏、社長、平社員、自営業者、等しく1日に使えるのは24時間です。 24時間を永いと感じるか、短…

会社は我々を守ってくれない-2

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 シャープやソニー、東芝。かつては日産。名だたる有名ブランド大企業も近年はリストラの嵐です。 中小企業は新聞にこそ乗らないものの、リストラ、倒産は良くある話です。 我々が従属する会社がリストラや倒産し…

会社は我々を守ってはくれない-1

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 会社から給料をもらって仕事をしていると、自分は 会社員 と思いますよね。 確かに、そうなんですよ、会社のルールに従って、上司の指示に従って、毎月決まった日に給料をもらえて、有給もあって。我々は労働基準…

大企業勤めの人とは生き方も考え方も違う

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 大企業勤めはそれはそれで素晴らしいこちだと思います。 やはり大企業は ・ネームバリューがある ・資本力がある ・給料が高い などなどイイことたくさんあります。 ただ、昨今ではシャープやソニー、東芝などの…

大企業勤めの人とは入口も出口も違う

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 わたしにとってのサラリーマンで成り上がるということは 出世する ということではありません。 わたしに取っての成り上がりとは 自分の手でサラリーマンとして金を稼げるようになる そのために仕事が出来るように…

我々には金もコネもない-2

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 一般的にリスクがないからサラリーマンと思われがちです。 ですが、念のため整理しておくと、 受けるリスクと取るリスクは違う 受けるリスクは受動です。サラリーマンが受けるリスクは ・会社の倒産 ・リストラ …

我々には金もコネもない-1

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 何かを成し遂げる、やりたい事をやるために、お金を使ったり、コネを使うと、難しい山を越えられたり、サポートしてもらえたり、時間をショートカット出来たりと非常に有用です。 でも、我々のような野心家の大半…

プロのサラリーマン育成所 立ち上げの理由

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 そもそも、現役サラリーマンのわたしが何故、このようなサービスを立ち上げたか。 昨今、時短だー、残業0だー、ワークライフバランスだー、言ってます。 それはそれで結構なことです。 余暇を楽しみ、仕事も充実…

プロのサラリーマン育成所 ブログ始めます

初めまして。 プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。 最初に自己紹介から。 宮城県仙台市の出身で1972年生まれ。 中学1年の時に、父親の会社が倒産。 母親が3人の子供を女手一つで育てました。中高の時には お前は東京に行け と言われ続け、東京の某私…