読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロのサラリーマンが迷えるサラリーマンにお教えします。

併せて転職16回。プロの我々が迷えるサラリーマンを救います。

現代社会サラリーマンの夢や希望ー1

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

先日、昨今の新入社員は入社式などで社長や先輩から「希望や夢を持て」と言われることに嫌悪感を抱いているというYahooニュースを見ました。

 

確かに時代は変わり、サラリーマンには夢や希望を持ちづらい社会になって来ているのかもしれません。

 

が、しかし。本当に、若い世代は「夢や希望」を持っていないのか。

 

そうではない!

 

とわたしは勝手に思ってます。

閉塞した社会、指を折れば計算できる給料、明日も今日と同様の日が訪れる。

 

そう思い込んでいたら、夢も希望も見づらい。

しかも、そんな日常の中で、自問自答して見えない夢や希望をを持つのはなかなかに難しい。

 

高度経済成長期。団塊の世代はマイホームや車など、少しでも裕福な生活を夢見ました。そしてモーレツに働いた。

 

バブル期。バブル世代はこのまま人生を謳歌出来ると夢を見た。

 

バブル崩壊、氷河期。自分たちは何も悪くないのに、バブルが弾けて暗い経済の中に押し込まれ、行きたい業界にも行けず、それでも不景気にも負けず働いていた。

 

そして現代。目に見えない好景気なのか人手不足で国を挙げて働き方改革。就職は売り手市場で、がむしゃらに働かなくてもソコソコ良い暮らしが出来て、余暇の時間も取れる。

 

でもね、この社会ってまた直ぐに変わります!

 

社長や先輩、会社に勤めてる人は教えてくれない、気づいてないかもしれないけど、

 

明日、日本経済は崩れるかもしれない!

明日、あなたの会社は潰れるかもしれない!

そして、そうなったら誰もあなたを助けてくれない!

 

そんな時代です。

明日、続けます。

 

#転職

#サラリーマン

#OL

#キャリアアップ

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリアランキングへ