読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロのサラリーマンが迷えるサラリーマンにお教えします。

併せて転職16回。プロの我々が迷えるサラリーマンを救います。

リストラ宣告を受けたらどうするか?

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

昨日からの続きです。

では、次の会社を決めてもおらず、辞める気もないのに、

 

リストラされたらどうするか?

 

わたし、この経験あるんですね。

リストラというか、社長に色々と進言していたら、ある日会議室に呼び出されて、

 

「明日から来なくて良い」

 

これが現実ですよ。

頭の中は真っ白ですよ。

 

自分が今まで会社に貢献したことなど、さもなかったかのように会社は我々をいとも簡単に切ることが出来る

 

わたしの場合には、ある「つて」からわたしの仕事ぶりを買ってもらって、すぐに再就職出来たので、失業保険のお世話にはならずに済みましたけどね。

 

リストラのされ方にも色々あるわけですが、3ヶ月、6ヶ月後のクビ宣告であれば、

 

時間もあるし、その間は転職活動に注力出来るので、

 

今後のことも見据えた転職先を探しましょう。

ただし、リストラされることは、もちろん伏せておきます。

そんなネガティヴな情報を伝える必要はありません。

 

おっかないのは、わたしの時のように

 

明日から来なくて良い

とか

1ヶ月後にクビ

 

ですね。

我々サラリーマンが知っておかなければならない知識として、

 

明日から来なくて良いと言われても、解雇予告手当で1ヶ月相当分の給料は貰える

 

でもですよ、1ヶ月分もらったって、焼け石に水というか、1ヶ月ではロクな転職活動も出来ない訳です。

 

しかも、1ヶ月後にクビ

と言われた場合、解雇予告手当さえ貰えない。

 

会社はそう簡単にクビに出来ないはず!

確かに制度上はそうですが、現実は違う。

 

もう少し続けましょう。

 

#転職

#リストラ

#クビ

#キャリアアップ

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリアランキングへ