読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロのサラリーマンが迷えるサラリーマンにお教えします。

併せて転職16回。プロの我々が迷えるサラリーマンを救います。

転職時に勘違いしてはいけないこと

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

プロのサラリーマンになるということは、サラリーマンとして

 

スキルを磨いてキャリアアップすること!

 

というお話をずーっとしています。

 

更なるキャリアアップを図るために転職することも推奨します。

 

わたしも面接官になることが結構あるのですが、その際に転職希望者が

 

わたしはこんな凄いプロジェクトをやったんですよ!

 

と言われるわけです。

あー、すごいすごい(棒読み)

 

面接は自慢大会じゃねー!

 

特にビッグネームの会社に勤めてらっしゃった方に多い。

 

転職者: どこどこの発電所建設のプロジェクトに参加したんですよ!

 

わたし:うちの会社、サービス業だから…

 

転職者: 女優の誰々さんを起用した企画を立ち上げたんです!

 

わたし: いや、うちの会社にそんな金ないし…

 

面接で過去の栄光を自慢されても困るわけです。

 

昨日も話をしましたが、我々はプロなんで、

 

次の会社で結果を出すのが仕事

 

なんです。

大事なのは、

 

・今まで積み上げたキャリアを次の会社でどう活かすか

・今、持っているスキルを次の会社でどう活かすか

 

という、

「今」と「これから」

 

なんです。

過去の栄光を「今」と「これから」の脚色に使うならOKですが、過去は過去。

 

過去の栄光にすがって転職するのはチョー危険

 

です。

特にビッグネームの大会社から中小企業に転職する時には気をつけましょう。

以前もお話しましたが、

 

会社の看板ではなく、自分自身の看板で勝負しなくてなりません。

 

#プロ

#サラリーマン

#転職

#キャリアアップ

#スキルアップ

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

 


転職・キャリアランキングへ